『高校生のための物理学』4.1.5.波の式


 空間を拡がる波の各点が,振動することを表現すると波の式が導出されます.波の式の理解にもつながるので,各点での初期位相を考えて波の式を導出してください.

 なお,ここでは波の式を$y=A\sin (\omega t -kx)$と表しましたが,初期位相$\delta $を加えて$y=A\sin (\omega t -kx+\delta)$とすると,高校の物理学においては様々な波に対応できて便利です.

 詳細は「『高校生のための物理学』4.1.5.波の式」を参照してください.

コメント

おもしろかったら,ポチッとしてね。

このブログの人気の投稿

サンゴ礁再生計画

スイジガイ