『高校生のための物理学』4.1.6.波の式と位相


 波は「いつ($t$),どこで($x$)」が分かれば状態が決まります. 位相とは「いつ($t$),どこで($x$)」という情報を含む,波の式$y=A\sin (\omega t -kx+\delta)$の$\omega t -kx+\delta$の部分です.

 詳細は「『高校生のための物理学』4.1.6.波の式と位相」を参照してください.

コメント

おもしろかったら,ポチッとしてね。

このブログの人気の投稿

サンゴ礁再生計画

スイジガイ