投稿

2006の投稿を表示しています

ギンガメアジ

イメージ
画像の背景に,魚の群れがあることにお気づきだろうか。これはギンガメアジの群れである。水温が下がるに従って,ギンガメアジの群れは深度の浅いところに上がってくる。水温は23度まで下がり,ドロップオフの上の方まで上がってきた。残念ながら目の前まで近づくことはなかったが,帯状に群れをなし,渦を巻きながら泳ぐ様子は圧巻であった。
 12月初旬に潜ったとき,ギンガメアジはまだ深度30m付近で渦を巻いていた。そのときの水温が24度。わずか1度の差で海の中はずいぶん変化するものだ。ギンガメアジは四季の変化をダイナミックに教えてくれる。

スイジガイ

イメージ
先週の日曜日,オニヒトデ駆除のときにスイジガイを見つけた。何でも形が漢字の「水」に似ているので,スイジガイというらしい。内側の赤と形状が美しいので,置物として人気が高い貝であるが,実はその身も美味である。しかし,置物とするためには貝を土に埋め,身を腐らせる必要がある。つまり,食べられない。一方,身を取り出すためには貝を割らなければならない。
 珊瑚守り隊のメンバーから良い話を聞いた。貝の身に竹串を刺し,電子レンジで20秒ほど加熱すると,身がきれいに取れるそうだ。しかし,竹串を刺そうとすると,貝は身を奥に引っ込め,鋭利な爪のようなものでふたをして,なかなか柔らかい部分を見せない。貝にとっては命がけの戦いである。我慢すること二日間,ようやく昨夜竹串を刺すことができた。電子レンジで加熱すること30秒。無事に身を取り出せた。少しあぶり,味もつけずに食べた。ほのかに甘みがあり,美味しかった。焼酎にも良く合う味だ。
 今は,残った殻をどうやって磨こうかと思案している。

水温20℃

イメージ
12月に入ってから,なかなか天候が回復しない。水温もとうとう20度まで下がった。関東でダイビングをする人にとってはまだまだ良い条件なのだろうが,沖永良部島では水温低下を十分実感する温度である。加えて,冷たい北風。オニヒトデ退治で海に入ったのだが,上がった後が寒かった。
 沖永良部島には川はあるのだが,河口がない。川の水は海岸近くで地下に潜り,沿岸で湧き水として海に出る。写真はその付近で撮ったものである。海水と湧き水の温度差で,陽炎のようなものが発生していた。海水と真水の屈折率の差もあるかもしれない。近くまで寄っても魚の姿はぼやけたままだった。ただ,その場所の水温は1℃ほど高く,魚にとっては過ごしやすいのではないかと思った。

離島・遠隔地の障害児教育をサポートするテレビ会議

本日(12/15),2回目のテレビ会議を行った。離島などの障害児教育(障害児という表現は好きではないが,他に適当な言葉がないので用いる)をサポートするのが目的だ。鹿児島大学教育学部の内田先生,土田先生,和泊町社会福祉協議会の村山さん,九州大学工学部の麻生先生,理研の戎崎先生,鹿児島県内の養護学校教員らとともに始めた。沖永良部島には養護学校などの施設がない。近くに養護学校などが無くても,障害児が高校を卒業するぐらいまでは親元で育ってほしいと思っている。そのためには,障害児の周りの人々,保護者や担任らをサポートする必要があると考えた。
 沖永良部島などの離島において,障害児教育の情報は乏しい。小学校や中学校の特別支援学級はもちろん,公共機関の療育センター職員も多くの悩みを抱えながら障害児教育に携わっている。一口に障害児と言っても,その障害は多種多様である。とても一人でカバーできるものではない。専門家の意見を聞くことで,少しでもその助けとなればと思っている。
 今日のテレビ会議でも保護者らの切実な質問が聞かれた。また,内田先生の懇切丁寧な回答はとても勉強になったし,何よりも保護者はその言葉に感激していた。今後,他の離島などでもこのような取り組みが始まることを期待している。また,障害児と,彼らを取り巻く人々が多くの愛情に見守られ,ストレスのない環境を享受できることを願っている。


くじらのボトル

沖永良部島も焼酎のお湯割りが美味しい季節になってきた。大海酒造のくじらの絵が書かれた焼酎。芋くさい感じはそこそこだが,ボディがしっかりしていて美味しい。芋の生産者の写真が裏のラベルにあるのも好感が持てる。最近の焼酎ブームのせいで芋が不足し,中国産の冷凍を使っている酒造会社も多いという。
 ここ数年,ボジョレ・ヌーボーに習って焼酎ヌーボーが多く出ている。皆さんは飲まれましたか。

サンゴ礁再生計画

イメージ
和泊町にある製糖工場の下でオニヒトデ退治を行った。写真はそこで撮ったものである。全部で71匹駆除した。
 珊瑚守り隊が発足して4年ほど経つが,その成果かオニヒトデは減ってきた。一方,サンゴが減っているからオニヒトデが減ってきたのではないかという議論も始まった。そこでサンゴを植えてみようかという話が出てきた。サンゴが育つ環境作りや生態系への影響など問題は多いのだろうが,5年,10年とサンゴの成長を見守ることで,人々の環境への関心はさらに高まるのではないか。珊瑚守り隊の会長は,私がエラブにいる間には始めたいと話してくれた。転勤後もエラブに行く楽しみが一つ増えそうだ。

サザエ,コブシメ!

イメージ
沖永良部島の南側,ウジジ浜の沖で潜った。深さ7m(水深10m〜17m)くらいの縦穴を抜けたあたりで,拳大のサザエを発見した。これはすごいと思い手に取ったが,採ってはいけない。泣く泣くそこに置き,先に進んだ。ドロップオフまで行き,ギンガメアジの群れを見た帰り,今度は60〜70cmくらいのコブシメ(コウイカ)に出会った。さすがに道具がなかったので捕る気にもならなかったが,これも「旨そう」である。コブシメは被写体としても十分なので写真を撮り,縦穴に向かった。その縦穴の入り口あたり,先ほどのものとは別のサザエが。先ほどのものより小振りであるが,適当な大きさ。なぜか今日は「旨そう」と出会うダイビングだった。

世界でもっとも美しい10の科学実験(書評)

実験にどんな美しさがあるというのか。多くの人が疑問に思うことだろう。
 プラトンは著書の中で,美しさは絶えず上方に我々を導く階段のようなものであると書いている。このように考えたとき,自然の本質に迫り,より高次な世界観を人々に与える科学実験は美しい。また,美しいものには人の心を揺さぶる力があるように,科学実験にも驚きや感動,スリルがあり,人の心に訴えかけるものがある。これらの点で,科学実験は美しいと著者は考えている。
 しかし,このような美しさは科学実験に限られたものではなく,学問全般に通ずるものだろう。本書を読むと,科学実験の美しさの向こうに,学問の美しさが見えてくる。(世界でもっとも美しい10の科学実験,ロバート・P・クリース著,青木 薫訳,日経BP社)

紅葉

イメージ
この季節に帰省したのは久しぶりだった。車で走っていると,山のあちらこちらに紅葉による赤や黄が目立つ。沖永良部島で紅葉は見られない。「こっち(東京)に来て,初めて国語の教科書に載っていた俳句とかの意味が分かった。」 卒業生の一人が言った言葉を思い出した。
 5年間,沖永良部島の自然を伝えるウミガメライブに携わってきた。多くの人々と沖永良部島の自然のすばらしさを共有できたことが幸せだ。ウミガメライブのようなプロジェクトが日本中で始まれば,さらに多くの人と日本の自然を共有できるのではないか。そうすれば地域によるギャップを埋めることはもちろん,すばらしい自然を有する国土を愛する気持ちを育むことになるだろう。

冬到来

イメージ
先週末から天候が悪かった。昨夜の帰宅時,今夜も星は出ていないと思ったのだが,闇に目が慣れてくると多くの星が見えてきた。そればかりか天の川まで見える。満天の星空だ。双眼鏡でスバルやヘラクレス座二重星団などを堪能した。東の空にはオリオンが上ってきた。オリオンを見ると冬の到来を感じる。鹿児島や東京はもうずいぶん寒いのだろう。
 うってかわって,今朝は雨。この雨は季節外れの南風の影響だろう。雨が止み北風が吹き始めると,沖永良部島にも本格的な冬が訪れる。

地球は?月は?

風呂上がり,涼みに4歳の息子とベランダに出た。見上げると空は雲に覆われ,星は雲の切れ間にうっすらと見えるだけ。息子が聞いてきた。「地球は?」 彼は地球儀やLive Earth!を見ているうちに,星空全般を地球と思ったようだ。「これ全部だよ」と大地を指さしてもぴんとこない。説明に窮していると,それに飽きてきたのか,「月は?」と聞いてきた。今は見えないと答えると,「どこにあるの?」と聞いてくる。地球の裏と答えようとしたが,それでは分からないと思い,とっさに地面の下と答えた。彼は下を向き,足元を見ながら不思議そうな顔をした。その後,代わる代わる私と足元を見た。
 見えないものを想像する力はそのうち養われるだろう。それまでの間,息子がたくさんの疑問に出会うことを願った。

物理ノート公開

授業で使っている物理ノートを公開することにした。完全週休二日制が始まったとき,授業をどうすれば効率的に進められるか考えた。解決策の1つとして,板書の時間を省こうと思った。そうすれば,書く時間が考える時間になるのではないだろうか。そのためには教科書に沿ったノートが必要である。ノートを作成し,実践を始めてから3年目になるが,今のところ効率が良く,それなりに効果もあるように感じる。
 その間,ReKOSというプレゼンテーションソフトが開発された。ReKOSを使えば教材の共有ができる。さらにアニメーションやシミュレーションなども見せることができる。この夏,ReKOSを使った物理の授業用コンテンツ作成が一通り終わった。これは日本ハンズオンユニバース協会(JAHOU)内でのみ公開している。
 現在ノートと自作のReKOS教材の図などを合わせる作業をしている。そのため,熱・統計力学と波動の分野しか公開していない。これから随時公開するつもりである。
 将来は,Wikipediaのようにweb上で進化するテキストを作りたいと考えている。そのためには解決しなければならない問題がたくさんある。ノートやReKOS,JAHOUに興味のある人はぜひMy Homepageを見て欲しい。

星空

イメージ
沖永良部島に赴任した年の夏,「どれが夏の大三角?」と聞かれ困ったことがある。なぜなら,あまりにも空が澄み,星が明るく見えるため,どれが一等星か分からなかったのだ。
 沖永良部島の生活もあとわずかの今,この星空を記録に残したいと思うようになった。そこで,前々から考えていた天体写真にチャレンジしている。まだまだ未熟で星は流れているものの,ようやく見られる写真を写せるようになってきた。沖永良部島では天の川はもちろん,アンドロメダ星雲や二重星団までうっすらと見える。写真中央に移っているのが二重星団である。
 もう少し上達したら,ホームページで公開したいと思う。

バッハ

数学と音楽は純粋に人間が作り出したものと言われている。確かに木々の間に数字は見あたらないし,風に乗って音楽が聞こえてくることはない。一方,絵画や彫刻,文学は何らかのモチーフを表現したものだし,物理学は自然を数学で表したものだ。人間が作り出したというより,目の前にあるものや心の中にあるものを表現したに過ぎない気がする。
 音楽の中でも,とりわけバッハの頃までは誰が聞いても美しいと感じるような普遍性があり,普遍性があるという点で,その美しさは数学的だ。さらに音が並ぶとどんな表現ができるか追求しており,無伴奏チェロ組曲やフーガの技法には音楽の地平を開くような,バッハの数学的な探求心を感じる。ところがモーツァルト,さらにベートーベン以降は音楽で内面を表現したり,何らかのイデオロギーを音楽に織り込んだりしており,表現するという点で物理学のような雰囲気がある。そのようにバッハの音楽をとらえたとき,バッハをどのように演奏するか。大いに悩むところである。
 もっとも私は,技術的な問題を棚に上げるとの話であるが。


害獣

イメージ
ある朝,「ケーン,ケーン」という鳴き声を聞きベランダに出てみると,裏の畑に番のキジがいた。二羽で仲良く歩いている様子は大変ほほえましいものだが,キジは元々沖永良部島にはいなかったそうだ。誰かが島に連れてきて放したものが繁殖したらしい。同様に,イノシシもまた外来種だという。最近はイノシシによる農作物への被害もあるという。さらに,カブトムシブームの昨今,お年寄りに言わせるとカブトムシも害虫だそうだ。ただし,沖永良部島のカブトムシは,角の短いタイワンカブトムシ。本土のものとは異なり,私は初めて見たとき,沖永良部島には変わったカブトムシがいるものだと思ったが,これもまた外来種とのこと。交通機関の発達と引き替えに,様々な生き物が入ってきているようだ。そう言えば,かつてエミューやダチョウを飼育している農家があったが,あの鳥たちはどうしたのだろう。

でーまた

イメージ
「でーまた」でスキューバダイビングをしました。沖永良部島の西側の海岸です。リーフを抜けるまでが遠いのですが,その先はいきなりドロップオフ。流れの影響でイソマグロ,ナポレオン,ネムリブカ,ナポレオンフィッシュなどの大物が見られるポイントだそうです。昨日は30尾ほどのイソマグロの群れが見られました。大きなものは1mくらい。実に見応えがありました。産卵期の6月頃は100尾ほどになるそうです。いつか見てみたいものです。

岩? 貝?

イメージ
写真に写っているのはなんだと思いますか? オニダルマオコゼという魚です。よく見ると,上向きの口と目がわかると思います。背びれの棘に強い毒があり危険な魚の一つですが,肉は白身で美味です。刺身や唐揚げにするととても旨い。
 今日の昼食,味処海幸に行ってきました。魚の旨い店です。刺身,煮魚などを食べましたが,これからの季節はシイラも脂がのって美味しいそうです。オニダルマオコゼを捌いたら教えてくれるとのこと。楽しみです。

珊瑚守り隊

イメージ
オニヒトデを駆除するために結成された「珊瑚守り隊」というグループがあります。昨日,その活動に参加してきました。活動の成果か,昨年から捕れるオニヒトデの数が減りました。昨日の与和の浜での駆除数は20です。私は一匹も捕れませんでした。
 しかし,時間帯が良かったのでしょうか。サザナミヤッコの幼魚,スズメダイ数種,チョウチョウウオ数種,ベラ数種,ハナミノカサゴなど色鮮やかな魚の群れを見ることができました。
 久々にシュノーケリングを満喫しました。

10/24の日没後

イメージ
日没後の空の色は柔らかさを,三日月は鋭さを感じさせます。やがて木星が,また木星と月の間に水星が見えてきました。はじめ金星が見えたのかと思いましたが,それは木星でした。月,木星,水星。それぞれ異なる位置にある天体が,わずかな視野に収まっていることに感動しました。
 夜の始まりを告げる星の光を,しばらくの間大切に眺めました。

あなたがピューマに出会ったら・・・

イメージ
もしあなたがピューマに出会ったらどうしますか?
 カリフォルニア大学バークレー校には、手つかずの自然が残る山が敷地内にあります。そこには野生の鹿やリスだけではなく、ピューマもいます。山道に「ピューマに注意!」の看板があるほどです。
 では、ピューマに出会ったらどうするか。
1 ピューマがアプローチしなければ、無視する、背中を見せない・・・
2 もしピューマがアプローチしてきたら、ゆっくりバックする、自分を大きく見せる・・・
3 もしピューマが襲ってきたら・・・"Fight Back!"? えーっ!?、反撃するんですか!
 丁寧に緊急時の電話番号まで。カリフォルニア大学バークレー校に行くときには十分気をつけてください。

サンセットクルーズ

イメージ
午後からスキューバダイビングに行ってきました。まだまだ日中は暖かく、半袖短パンでも大丈夫ですが、海から出た後は風が少し冷たく感じられました。エラブにも秋が近づいています。
 日も短くなってきました。2本目のダイビングが終わり船に上がると、空は夕日で染まっていました。ダイビングポイントから港までのわずかな時間、サンセットクルーズを楽しみました。
 海中の写真は、そのうちmy pageに掲載します。

中秋の名月

イメージ
沖永良部島に赴任して気づいたことです。月夜は明るい。夜更けに目が覚め,外の明るさに驚くこともありました。満月になるとなおさら明るさが増します。風が涼しくなったこの季節,波の音を聞きながら,月明かりのもとベランダで一杯やるのも良いものです。(写真は昨年の7月に撮影したものです)

YS-11引退

イメージ
沖永良部島に赴任して5年経ちました。その間,YS−11にはずいぶんお世話になりました。梅雨明け後の飛行は非常に安定しており,プロペラの音さえ気にしなければ,空を飛んでいることを感じさせないほどです。一方,梅雨の最中,雪の日,春先は不安定。この時期に搭乗すると最悪です。グラグラと揺れたり,ストンと落ちたりします。子どもが機内でスーッと浮かんだ様子は今もしっかり記憶されています。さらにミシミシという軋む音。しかし,人は慣れてくるものです。どれだけ揺れてもYS−11は大丈夫という妙な安心感を持つようになりました。また台風の直前まで飛ぶYS−11は信頼性も高かったんでしょうね。もう飛行時間が長いYS−11に乗る気はしませんが,引退となると寂しい気がします。

寅彦と冬彦(書評)

寺田寅彦は明治から昭和にかけて活躍した物理学者。同時に,優れた随筆家としても知られており,その文才は夏目漱石に愛されたほどです。一見相反するような2つの才能を持ち合わせた寅彦について,本書の中で作家や俳人,研究者らがそれぞれの思いを語っています。
 若き日の寅彦が行ったX線結晶解析は,物理学がマクロなものからミクロなものへ向かう当時において先進的なものでした。同研究でノーベル賞を受賞したブラッグ父子に遅れること数ヶ月。わずかな差で栄誉を逃しました。通信機器が十分に発達していなかったこと,日本での物理学の歴史が浅かったことを考えれば驚異的なことです。しかし,なぜかその後は金平糖や割れ目,墨流し,火花などを研究テーマとして物理学の本流から外れていきますが,それらのテーマはコンピュータが発達した現代において,非常に興味深いものです。寅彦の先見の明には驚かされます。寅彦の先見は随筆にも現れており,現代ではカオスやフラクタルで扱われる事象や,大陸移動説を示唆する内容まであります。本書の編集者である池内了氏は,寅彦の随筆を科学の宝庫と表しています。
 寅彦は自然の神秘を化け物と表しています。「科学の目的は実に化け物を探し出すことなのである。この世がいかに多くの化け物によって充たされているか教えることである」 自然を愛していた寅彦は,化け物の存在から目を背けることができなかったのでしょう。身の回りのあらゆるところに潜む化け物を探し出しては,研究テーマとしたり,随筆に記したりしたのでしょう。さらに,絵画や音楽,映画にまで何らかの化け物を見たのではと感じます。
 本書では,様々な分野の識者が,寅彦に潜む化け物をあぶり出そうとしているように感じます。私自身,寅彦の中にどんな化け物を見るのか楽しみです。買いためた寅彦の随筆集をじっくり読んでみよう。(寅彦と冬彦,池内了編集,岩波書店)

台風13号余波

イメージ
沖永良部島は台風13号の直撃を免れましたが,船のダイヤは乱れています。写真は台風の去った9月17日にフーチャで撮ったものです。干潮時にもかかわらず,この波濤!

今月のウミガメポイント

イメージ
とりあえず,今月(9/3)の右カメさん。ダイバーのあみーごさんと行ってきました。右カメさんを知りたい人はhttp://www.turtle-live.net/をご覧ください。

はじめまして

ようやくブログに手をつけることにしました。これから時間を見つけて書き込んでいきたいと思っています。

おもしろかったら,ポチッとしてね。