高校物理「学び直し」2.1.4.等速直線運動

木曜日, 1月 21, 2021

学び直し講座 高校物理 速度と加速度

t f B! P L

 速度$v_0$で等速直線運動する物体の時刻$t$での位置$x$は,時刻$0$での位置を$x_0$とすると,

$x=x_0+vt$

と表されます.速度はx-tグラフの傾きなので,等速直線運動の傾きは一定です.つまり,等速直線運動は時刻$t$を変数とする1次関数です.

 v-t グラフの面積から距離を求めたように,グラフと横軸で囲まれた部分の面積から量を求める方法は物理でよく用いられます.積分にもつながる考え方なので,感覚的にも身につけておきましょう.

テキスト ワークブック

最新の投稿

高校物理「学び直し」 2.3.7.浮力

Translate

YouTube

このブログを検索

ブログ アーカイブ

筋ジストロフィーの高校生,宇宙を学ぶ

物理シミュレーション

Algodoo

万有引力シミュレーション

Orbit - Playing with Gravity

Follow by Email

おもしろかったら,ポチッとしてね。

QooQ