『高校生のための物理学』5.3.3.オームの法則


 オームの法則$V=\rho\frac{L}{S}I$は,導体の電場の強さを$E$とすると$V=EL$より,$I=\frac{1}{\rho}ES$と変形できます。ここで単位面積当たりの電流を表す電流密度という量$i$を用いると,$i=\frac{I}{S} =\frac{1}{\rho}E$。電流密度と電場は共にベクトルなので,$\textbf i =\frac{1}{\rho}\textbf E$と表されます。
 $\frac{1}{\rho}$は電流の流れやすさを表す量なので,電気伝導度$\sigma$で表します。電気伝導度$\sigma$を用いた$\textbf i =\sigma\textbf E$がオームの法則のもう1つの表現です。
 詳細は「『高校生のための物理学』5.3.3.オームの法則」を参照してください。

コメント

おもしろかったら,ポチッとしてね。

このブログの人気の投稿

サンゴ礁再生計画

スイジガイ