『高校生のための物理学』2.2.8.束縛条件と相対加速度


 滑車が加速度$a$で動く問題は,慣性力を考えても解くことができます。
 観測者O’から見ると2つの小球には鉛直下向きに慣性力がはたらくように見えます。小球Aにはたらく慣性力の大きさは$ma$,小球Bにはたらく慣性力の大きさは$2ma$なので,観測者O’から見た小球Aの運動方程式は$m\alpha=T-mg-ma$,小球Bの運動方程式は$2m\alpha=2mg-T+2ma$です。この2つの式より,$\alpha =\frac{1}{3}(g+a)$が得られます。
 詳細は「『高校生のための物理学』2.2.8.束縛条件と相対加速度」を参照してください。

コメント

おもしろかったら,ポチッとしてね。

このブログの人気の投稿

サンゴ礁再生計画

スイジガイ