『高校生のための物理学』2.2.7.運動方程式の立て方


 運動方程式は,力を求める公式ではないので注意しましょう。
 運動方程式を書くときは,先ずは”$ma=$”と書いて,「物体が加速度運動している」と宣言してください。その後ゆっくりと物体にはたらく力について考えましょう。
 運動方程式を立てるときは,物体にはたらく力を見逃さないことが重要です。力を見逃さないためには,解答に頼らず,多くの問題を解いて経験値を上げるしかありません。がんばってください。
 詳細は「『高校生のための物理学』2.2.7.運動方程式の立て方」を参照してください。

コメント

おもしろかったら,ポチッとしてね。

このブログの人気の投稿

サンゴ礁再生計画

スイジガイ