『高校生のための物理学』5.3.2.導体内部での自由電子の運動


 
 導体内で自由電子が運動するときに,自由電子が電場から受ける力と,自由電子にはたらく速さに比例した抵抗力がつりあっているので,自由電子は導体内を一定の速さ移動すると仮定して平均の速さを求める方法があります。このとき自由電子にはたらく力のつりあいは,電気素量を$e$,電場の強さを$E$,比例定数を$k$,電子の平均の速さを$\overline v$として,$eE-k\overline v=0$と表されます。このつりあいの式より,$\overline v=\frac{eE}{k}$が得られます。
 詳細は「『高校生のための物理学』5.3.2.導体内部での自由電子の運動」を参照してください。

コメント

おもしろかったら,ポチッとしてね。

このブログの人気の投稿

サンゴ礁再生計画

スイジガイ