『高校生のための物理学』5.2.4.静止した点電荷がつくる電場


 動画の中で省略した$V=k\frac{Q}{r}$の導出は,$+1 \rm C$の電荷に外力を加えて移動させたとき,$1 \rm J$の仕事が必要な電位差を$1 \rm V$と定義しているので,定義通り計算(積分)すると求まる。
 詳細は「『高校生のための物理学』5.2.4.静止した点電荷がつくる電場」を参照してください。

コメント

おもしろかったら,ポチッとしてね。

このブログの人気の投稿

サンゴ礁再生計画

スイジガイ