『高校生のための物理学』2.2.2.慣性の法則



 動画の中でも触れていますが,慣性の法則は絶対に静止している観測者(座標系)の存在を要求しています。この絶対に静止している座標系に対して静止しているか,等速直線運動している座標系(慣性系)でないと,運動の法則や作用反作用の法則は成り立ちません。
 詳細は「『高校生のための物理学』2.2.2.慣性の法則」を参照してください。
 

コメント

おもしろかったら,ポチッとしてね。

このブログの人気の投稿

サンゴ礁再生計画

スイジガイ