『高校生のための物理学』2.2.5.慣性系



 はじめて物理を学ぶ人には難しい話なので,要点だけを説明します。
 まず,慣性系とは慣性の法則(ニュートン力学)が成り立つ系であるということ。つぎに,慣性系は互いに等速直線運動をしていて,どちらが静止しているかわからないという点で同等であるということ。最後に,運動方程式の形はどの慣性系から見ても同じであるということの3点です。
 詳細は「『高校生のための物理学』2.2.5.慣性系」を参照してください。


 

コメント

おもしろかったら,ポチッとしてね。

このブログの人気の投稿

サンゴ礁再生計画

スイジガイ