『高校生のための物理学』5.3.6.半導体


 ケイ素などの真性半導体にアルミニウムやリンなどの不純物を加えると,電気を流すためのエネルギーが1000分の1程度になります。そのため,わずかな電圧の変化で電流を流したり,止めたりすることが可能になります。この辺りの説明は,「6.7.3.1.バンド理論」にあります。
 詳細は「『高校生のための物理学』5.3.6.半導体」を参照してください。

コメント

おもしろかったら,ポチッとしてね。

このブログの人気の投稿

サンゴ礁再生計画

スイジガイ