『高校生のための物理学』4.3.10.ニュートンリング


 ニュートンが研究したことからニュートンリング(ニュートン環)とよばれています. ニュートンは光は粒子であると主張していたので,この現象を説明するのに苦慮したそうです.

 レンズの端に行くほど,干渉縞の間隔は狭くなります.ぜひ,理由を考えてみてください.

 詳細は「『高校生のための物理学』4.3.10.ニュートンリング」を参照してください.

コメント

おもしろかったら,ポチッとしてね。

このブログの人気の投稿

サンゴ礁再生計画

スイジガイ