『高校生のための物理学』5.1.3.静電気力


 クーロンは1785年から1791年にかけて静電気力の研究を行い,クーロンの法則を発見しました.それまでの電磁気学は様々な現象を定性的に説明するものでしたが,クーロンの法則の発見により定量的な研究が始まりました.

 キャベンディッシュは,クーロンより10年以上前に逆2乗の法則(クーロンの法則)を発見していましたが,あまり社交的ではなかった彼は実験結果を公表しませんでした.

 詳細は「『高校生のための物理学』5.1.3.静電気力」を参照してください.


 出典:理化学辞典第5版

コメント

おもしろかったら,ポチッとしてね。

このブログの人気の投稿

サンゴ礁再生計画

スイジガイ