『高校生のための物理学』3.3.1.熱力学第1法則


 熱力学第1法則は内部エネルギーに注目した法則なので,$\Delta U=Q+W_{気体が外部からされた仕事}$と表されます.この式で熱機関のした仕事を考えるときは,$W$の符号が負のときが外部に仕事をしたときです.この場合に限らず,循環過程の問題などを考えるときは,文章をよく読んで要求される量は何かきちんと把握して,符号に気をつけて解答を書くようにしましょう.

 第1種永久機関は,外部から熱を得ることなしに仕事をし続ける装置です.熱力学第1法則は,そのような装置は存在しないことを示しています.

 詳細は「『高校生のための物理学』3.3.1.熱力学第1法則」を参照してください.

コメント

おもしろかったら,ポチッとしてね。

このブログの人気の投稿

サンゴ礁再生計画

スイジガイ