C16物理学2022 3.2.3.気体の状態方程式

日曜日, 6月 26, 2022

C16物理学 気体の状態変化と内部エネルギー

t f B! P L

 理想気体とは状態方程式が厳密に成り立つ気体です.気体の状態変化に関する問題を解くときは,理想気体かどうかをまず確認しましょう.

 気体定数 $R$ は,標準状態(温度 $273 \rm  K $,圧力 $1.013 \times  10^5\rm Pa$ )における気体 $1 \rm mol$の体積 $2.24 \times  10^{−2} \rm m^3$ から得られる定数です.電卓を使って計算してみてください.状態方程式の意味がよく分かると思います.

 なお,化学では熱量の単位 $\rm J$ を用いず,また体積の単位として$ \rm L$を用いるので,気体定数は $R=8.31×10^3\rm Pa\cdot L/mol\cdot K$ と表されるので注意してください.

テキスト ワークブック


Translate

このブログを検索

YouTube

ブログ アーカイブ

筋ジストロフィーの高校生,宇宙を学ぶ

物理シミュレーション

Algodoo

万有引力シミュレーション

Orbit - Playing with Gravity

QooQ