C16物理学2022 4.1.14.屈折率の異なる媒質の境界面での波の反射

月曜日, 7月 18, 2022

C16物理学 reflection of wave 波の基本的な性質

t f B! P L

 屈折率の大きい媒質を進む波は,屈折率の小さい媒質との境界面で自由端反射をします.反対に,屈折率の小さい媒質中を進む波は,屈折率の大きい媒質との境界面で固定端反射をします.このことは,特に光の干渉を考えるときに重要になるので,しっかりと理解しておきましょう.

 水の波は壁で反射するときに自由端反射をします.一方,音を伝える粒子の変位に注目すると,音は壁で反射するときに固定端反射をします.

 光の場合は動画中で説明したように,$n_{12}<1$ である境界面では自由端反射をして,$n_{12}>1$ である境界面では固定端反射をします.自由端反射をするか,固定端反射をするかは,光の干渉の問題を考えるときは重要な要素の1つです.

 なお,$n_{12}=1$ となるような媒質間では反射も屈折もしません.

テキスト ワークブック

Translate

このブログを検索

YouTube

ブログ アーカイブ

筋ジストロフィーの高校生,宇宙を学ぶ

物理シミュレーション

Algodoo

万有引力シミュレーション

Orbit - Playing with Gravity

QooQ