C16物理学2022 3.4.1.気体分子の運動と圧力

土曜日, 7月 02, 2022

C16物理学 気体分子運動論

t f B! P L

  分子の力学的な振る舞いに注目して,マクロな現象を説明することを分子運動論といいます.ここでは運動量と力積の関係や圧力などの知識が要求されます.授業をしていると,単位時間あたりの運動量の変化が,力であることがピンとこない人が多いように感じます.こちらの動画テキストを参考にしてください.

 上の動画の手順③は,問題や教科書によって導出方法が異なることがあります.また,気体が球形の容器に封入されている場合は,手順④の$\overline {v_x^2}=\frac{1}{3}\overline {v^2}$ は必要ありません.

 いくつか演習すれば気付くことですが,途中のプロセスは異なっていても結論は同じです.大学入試の頻出問題でもあるので,繰り返し演習してください.

テキスト ワークブック

Translate

このブログを検索

YouTube

ブログ アーカイブ

筋ジストロフィーの高校生,宇宙を学ぶ

物理シミュレーション

Algodoo

万有引力シミュレーション

Orbit - Playing with Gravity

QooQ