国公立大学2次対策2022 第18回 入試分析:宮崎大学2電磁気学

火曜日, 2月 15, 2022

大学入試 電磁気学 物理学

t f B! P L

 宮崎大学の物理は3題構成で,そのうち1題は電磁気学です.この5年間に電磁気学で出題された問題は以下の通りです.

2021年:電池の内部抵抗の測定

2020年:コンデンサーの電気容量,極板間の電場,静電気力

2019年:ソレノイドが作る磁場,交流,リアクタンス,電力の平均

2018年:点電荷がつくる電場と電位,荷電粒子の磁場中での運動,ローレンツ力

2017年:コンデンサーの極板間の電圧の変化,静電エネルギー,エネルギー密度

 宮崎大学の電磁気学では,基本的な問題が出題されますが,後半はじっくりと考えないと解けない問題が出題されます.後半の問題が解けると合格に大きく近づけるので,演習ではやや難易度の高い問題にも取り組むようにしましょう.

 公式などを導出させる問題なども出題されるので,教科書や授業ノートを参考に復習してください.

 


Translate

このブログを検索

YouTube

ブログ アーカイブ

筋ジストロフィーの高校生,宇宙を学ぶ

物理シミュレーション

Algodoo

万有引力シミュレーション

Orbit - Playing with Gravity

QooQ