『高校生のための物理学』6.4.5.水素の線スペクトルの説明


 ボーアの原子模型は,水素原子の線スペクトルを説明するために考えられたものです.仮説の立て方の1つとして,アブダクションというものがあります.アブダクションはある仮定が正しいとすると上手く事実を説明できるので,仮定は正しいものであるとする仮説の立て方です.この場合は,ボーアの仮定が正しいとすると,水素の線スペクトルは上手く説明できるので,原子はボーアの原子模型にしたがうはずであるというのが,ボーアの仮説です.

 詳細は「『高校生のための物理学』6.4.5.水素の線スペクトルの説明」を参照してください.

 太陽スペクトルの美しい画像を紹介します.(https://apod.nasa.gov/apod/ap170907.htmlより)



コメント

おもしろかったら,ポチッとしてね。

このブログの人気の投稿

サンゴ礁再生計画

スイジガイ