『高校生のための物理学』5.7.7.インピーダンス②RLC並列回路



 コイルの端子電圧は電流の位相より$\frac{\pi}{2}$進んでいるので,コイルを流れる電流は交流電圧の位相より$\frac{\pi}{2}$遅れます.反対に,コンデンサーの端子電圧は電流の位相より$\frac{\pi}{2}$遅れるので,コンデンサーを流れる電流は交流電圧の位相より$\frac{\pi}{2}$進みます.また,$I=\frac{V}{R}$に気をつけて,リアクタンスを逆数にするのを忘れないようにしてください.
 詳細は「『高校生のための物理学』5.7.7.インピーダンス②RLC並列回路」を参照してください.

コメント

おもしろかったら,ポチッとしてね。

このブログの人気の投稿

サンゴ礁再生計画

スイジガイ