『高校生のための物理学』6.2.7.結合エネルギー

 


 結合エネルギーは,バラバラの核子を結合させるために必要なエネルギーではありません.注意してください.また,結合エネルギーを表すときは,1核子当たりのエネルギーとして表すことが多いので,質量数Aの原子核の結合エネルギーを求めるときは,1核子当たりの結合エネルギーをA倍します.
 $^{56}\rm Fe$は1核子当たりの結合エネルギーが最も大きい原子核の1つです.$^{56}\rm Fe$より軽い原子核は核融合してより質量数の大きい原子核となり,重い原子核は核分裂により軽い原子核になり,$^{56}\rm Fe$に近づいていきます.
 詳細は「『高校生のための物理学』6.2.7.結合エネルギー」を参照してください.

コメント

おもしろかったら,ポチッとしてね。

このブログの人気の投稿

サンゴ礁再生計画

スイジガイ