『高校生のための物理学』2.5.4.運動量保存則


 問題を解くときに,運動量保存則を用いてよいか迷ったときには,はたらいている力が内力だけかどうかを見極めるようにしてください.運動量保存則を用いると,力学的エネルギー保存則を用いて問題を解く場合に比べて,$v^2$のような面倒な計算を回避できることが多いので便利です.
 詳細は「『高校生のための物理学』2.5.4.運動量保存則」を参照してください.

コメント

おもしろかったら,ポチッとしてね。

このブログの人気の投稿

サンゴ礁再生計画

スイジガイ