『高校生のための物理学』2.5.3.運動量と運動方程式



 力は運動量を単位時間ごとに変化させる量ですが,一方で,運動量の時間変化の割合から平均の力が与えられます.運動量の時間変化から力を求める方法は,分子運動論において,分子が壁を叩くときの平均の力を求めるときに用いられます.忘れないようにしてください.
 詳細は「『高校生のための物理学』2.5.3.運動量と運動方程式」を参照してください.

コメント

おもしろかったら,ポチッとしてね。

このブログの人気の投稿

サンゴ礁再生計画

スイジガイ