高校物理「学び直し」 2.7.7.単振動に必要な力と力学的エネルギー

土曜日, 4月 03, 2021

学び直し講座 高校物理 単振動

t f B! P L



  復元力は必ず"$-Kx$"の形で表されます.物体にはたらく力は何かを注意深く考えて,復元力を"$-Kx$"の形で表すようにしましょう.弾性力$F=-kx$の位置エネルギー(弾性エネルギー)が$U=\frac{1}{2}kx^2$と表されるように,復元力の位置エネルギーも$U=\frac{1}{2}Kx^2$と表されます.浮力による位置エネルギーを求めるときなどで役立つので,感覚をつかんでおきましょう.

テキスト ワークブック

最新の投稿

高2物理2021 1.2.6.三角関数

Translate

YouTube

このブログを検索

ブログ アーカイブ

筋ジストロフィーの高校生,宇宙を学ぶ

物理シミュレーション

Algodoo

万有引力シミュレーション

Orbit - Playing with Gravity

Follow by Email

おもしろかったら,ポチッとしてね。

QooQ