サシバ




 沖永良部島に冬が訪れると,サシバがやってくる。小型の猛禽類でカラスより一回り大きいくらい。ピックィーと鳴く声が印象深い鳥である。沖永良部島で越冬し,北に帰って行く。
 サシバが訪れるとシイラが捕れるという。シイラは全長2mにも達する魚で,取れたてが特に美味しいので「今朝捕れたシイラですよ」と勧められることもある。奄美大島出身の先生は,奄美大島以南にはサシバ文化圏があるという説を唱えている。サシバとシイラを関連付け,共通の文化があるというものだ。
 暖冬の今年,サシバは例年より早くエラブを離れるのだろうか。

コメント

おもしろかったら,ポチッとしてね。

このブログの人気の投稿

サンゴ礁再生計画

スイジガイ