珊瑚守り隊3/11(Final)


 屋子母海岸という,沖永良部島西側の海岸でオニヒトデ駆除を行った。赴任した頃,沖永良部島の海はなんてきれいなんだろうと感じた海岸である。波が高く潮の流れもあったので,コンディションはあまり良くなかったが,美しいサンゴや魚を見ながら駆除をした。
 昼間のオニヒトデは,写真のように岩陰やサンゴの隙間にひそんでいる。したがって,潜って岩陰やサンゴの隙間をのぞき込む作業が必要である。珊瑚守り隊に参加し始めた頃は,目が慣れていなかったので,全く見つけられなかったことを覚えている。
 今日で珊瑚守り隊に参加するのは終わりだ。海の仲間がたくさんできたことと,海で多くの経験ができたことに感謝している。

コメント

匿名 さんのコメント…
一口に珊瑚を、守る為に、オニヒトデを、退治するって言っても、大変なご苦労が、あるのですね。海を愛し、自然を愛し……。なかなか、出来る事ではないと思います。良い思い出を、たくさん詰め込んで、下さい。
花、星、海、魚、みんな、みんな、すてきな写真  心和む画像を、ありがとうございました。
c16 さんの投稿…
いつも見てくれて,ありがとう。海に入り生き物と直接向き合うことは非常に貴重な経験です。できるだけ多くの機会を持ちたいと思います。

おもしろかったら,ポチッとしてね。

このブログの人気の投稿

サンゴ礁再生計画

スイジガイ