次男(5才)の苦悩


 鹿屋市吾平町で 夏祭りがあった。ちょうど吾平の湯々ランド(温泉)に行っていた私たち家族はそのまま花火を見ることにした。何でも3000発の花火が打ち上げられるらしい。できるだけ近くで見ようと車を走らせた。
 花火が上がり始めた。適当なところに車を止めて,車を降りて花火を見た。夏祭り会場のアナウンスが聞こえる距離。迫力ある花火の光ともに,花火の轟音も聞こえる。突然,5歳の次男が「地球が壊れるよ!」と言いだした。花火の轟音は,彼には地球を壊すくらいの音に聞こえたらしい。「地球が壊れたらどうする?」と心配しながらぱたぱたと走り回り,挙げ句の果ては「地球壊れたら宇宙に行けないよ。」とまで言い出した。
 サッカー選手と宇宙飛行士が夢の,次男の苦悩は花火が終わるまで続いた。
 写真は手持ちのサイバーショットで撮ったので,ぶれています。ご容赦下さい。

コメント

おもしろかったら,ポチッとしてね。

このブログの人気の投稿

サンゴ礁再生計画

スイジガイ